国有地の払下(用途廃止払下)

道路法や河川法といった法律が適用されない、里道、水路、普通河川などに使用されている土地(法定外公共用財産)で、公共の機能を失った国有地は、国から買い取ることができます。

例えば、昔からあったあぜ道や用水路、ため池などがそうです。それらのほとんどは地番がなく、法務局備え付けの公図には、里道は赤色、水路は青色で記載されていましたが、最近の新しい公図(地図)では着色されていません。

里道(りどう)は、赤色で記載されていたことから、赤線と呼ばれることもあり、現在でも農道などに利用されているものが数多くあります。

また、水路も青色で記載されていたことから、青線と呼ばれることもあり、現在でも用水路などに利用されているものが数多くあります。

使われなくなった里道や水路の中には、宅地や田畑の一部になってしまっているものもあり、このような旧里道や旧水路は、払い下げを受けることができます。

国有地の払下手続

国有地の払下は、隣接地、対抗地の所有者と協議して申請します。国有地の管理者の立会いも必要です。

用途廃止払下手続の申請代理は行政書士の業務ですが、作業の内容は測量や作図、表題登記の申請といった土地家屋調査士の業務が中心ですので、土地家屋調査士が窓口となって、行政書士と連携してが用務を進める事になります。

このような国有地のほとんどは未登記で、未登記国有地の払い下げを受けた場合には、土地の表題登記を申請しなければなりません。

土地の表題登記を申請する場合には、次のような情報を添付しなければなりません(不動産登記令 別表四項添付情報)。

  1. 土地所在図
  2. 地積測量図
  3. 表題部所有者となる者が所有権を有することを証する情報
  4. 表題部所有者となる者の住所を証する市町村長、登記官その他の公務員が職務上作成した情報(公務員が職務上作成した情報がない場合にあっては、これに代わるべき情報)

Q&A

父から相続した土地について、法務局の公図を見ると、真ん中に国有地(農道)がありました。もう何十年もこの土地(甲、乙、丙)を宅地として利用してきましたが、国有地があるとは初めて知りました。父からも聞いたことはありません。
この場所に家を建てたいのですが、私はどうすればいいのでしょうか?

参考図:土地の真ん中に国有地

昔、この土地には農道があったのです。しかし、時間が経つにつれて自然に宅地化して、必要な手続をしないまま今日に至ったと思います。

この場合は、国有地の払い下げが必要です。払い下げが可能かどうか、値段や条件など必要なことは財務局に相談する必要があります。

また、国有地の払い下げが完了し、国との譲渡契約が成立すれば土地の表題登記と保存登記をすることによって、初めてあなたの土地として登記簿上に公示されます。

その他、詳しくはお問い合わせください。

お気軽にご相談ください

境界標の復元、その他不動産(土地・建物)に関するご質問にお答えします。
また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください。

お客様相談室 はこちら