あなたの土地は大丈夫?

自分の土地には「権利証」があるから大丈夫、と思っていませんか?

もちろん「権利証」は、土地をトラブルから守るために、重要な役割を果たします。

しかし、「権利証」があっても、土地を守れないことがあるんです。

では、どうやったら自分の土地をトラブルから守れるのか? その答えは・・・・・

境界標、地積測量図、登記

あなたの土地をトラブルから守るためには、

(1)境界標
(2)地積測量図
(3)登記

の3つが揃っていなければ完璧とはいえません。

実は、境界標(コンクリート杭、石杭、金属標)と図面(土地境界確定図)は権利証と同じぐらい大切なものなんです。

確かに土地の権利証はある。

でも・・、その土地がどの場所にあって境界標がどうなっているのかさっぱりわからない。

という相続人の方は結構多いものです。

宅地は道路やブロック塀などで区画されていれば、比較的容易に境界を特定できるかもしれませんが、山林、原野、畑など普段足を運ばない土地はどうでしょうか?

親からちゃんと教えてもらっておけば隣の言いなりにならなくて済んだのに・・。

と後悔するケースもあるようです。

例えば相続した土地を分ける場合(分筆登記)、あるいは家を建て替える場合、土地の境界がはっきりしていないと何も進められないということがよくあるんです。

(1)境界標

土地の境界は、あなたが利用できる権利の範囲を表します。登記がしてあっても、境界標がなければ境界がはっきりせず、不要なトラブルを招く恐れがあります。
自分の土地にきちんと境界標があるかどうか確認しておきましょう。

  境界標の写真

(2)地積測量図

長い間には、境界標がズレてしまったり無くなってしまったりする場合があります。そんな時、地積測量図があれば土地家屋調査士に依頼して境界標を元の位置に設置することができます。
境界標の位置関係をはっきり認識しておくために土地家屋調査士が作成した「地積測量図」(実測図)を大切に保存しておきましょう。

  地積測量図

(3)登記

境界標が設置されていて地積測量図が手元にあっても、まだ十分といえません。その土地の所有者は誰なのか、所有権その他の権利の有無等を、第三者が認識できる登記が必要です。
権利に関する登記は司法書士の業務になりますが、土地家屋調査士が窓口となって業務を進める事ができます。

  登記簿謄本(全部事項証明書)

土地の境界標設置は争いのない「安心を引き継ぐ最も有効な手段」

土地の境界をはっきりさせておくことは、子々孫々にわたって境界争いのない「安心を引き継ぐ最も有効な手段」なのです。

少しでも気になることがあれば、この際、「思い立ったが吉日!」境界標を設置して、どんなことがあっても大丈夫なように「境界点を復元できる図面(土地境界確定図)」を今のうちに作っておきましょう!

その結果、実測面積と公簿面積が一致していないなら、登記(地積更正)も忘れず申請しておきましょう!ここまでやっておけば完璧です。

権利証はあっても、その土地の場所も境界もわからない・・」では大切な財産を守ることはできませんね。

私達、土地家屋調査士は土地の境界に最も詳しいスペシャリストです。
土地・建物の調査、測量、登記に関する仕事で社会に貢献しています。

土地境界確定図の例をご紹介しますので参考にしてください。
この土地境界確定図には、実測平面図、横断図、求積図、公図写し、案内図、境界確認書、境界標の写真が納めてあり、この図面一枚で必要な情報が全て確認できるようになっています。

土地境界確定図 

ご相談・お問い合せはこちら

新築登記、分筆測量、地目変更等の不動産(土地・建物)に関するご質問にお答えします。
また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください。

お客様相談室 はこちら