土地家屋調査士の概要

土地家屋調査士は、表示に関する登記の専門家、土地境界のスペシャリストです。
土地家屋調査士を簡単に表現すると、次のようになります。

  1. 土地・建物の所有者に代わって、表示に関する登記の申請手続きをする人
  2. 土地・建物に関する調査・測量をする人
  3. 土地境界に最も詳しい人
  4. 筆界特定制度を活用するために土地所有者に代わって申請手続きする人
  5. 土地の境界紛争を裁判によらない方法で解決する人(ADR認定土地家屋調査士)

日本土地家屋調査士会連合会で、PR動画を公開していますのでご紹介します。

表示に関する登記

表示に関する登記とは、土地・建物の物理的な状況をはっきりさせるための登記です。土地なら(所在、地番、地目、地積等)建物なら(所在、家屋番号、種類、構造、床面積等)つまり、土地や建物が何処にどのような状況にあるのかを明らかにする登記で、これを仕事「業」として行なうことが認められている唯一の国家資格者が土地家屋調査士です。

尚、司法書士が担当する権利の登記(所有権保存・移転登記、抵当権の設定登記等)は、表示に関する登記が前提にあることで登記が可能となります。

登記簿

登記簿は法務局に保管されている帳簿であり磁気ディスクによって調製されています。

不動産の登記簿には、土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、その表題部と呼ばれる部分に、表示に関する登記の記載がなされます。下図は登記事項証明書(登記簿謄本)の例です。

登記簿謄本(全部事項証明書)

マイホームを建てるとき、土地家屋調査士はこんな形で関わっています

土地家屋調査士は、マイホームを建てるときに深く関わっています。各場面でどのように関わっているのか、他の資格者も含めて表にしました。

 

場 面
土地家屋調査士
他の資格者
土地を
買う時

土地境界を公正な立場で確認し、
土地境界確定図を作成します。
宅建業者:売り買いの仲介をします。
不動産鑑定士:適正価格を計算します。
行政書士:役所提出書類を作ります。
税理士:税金を計算します。
司法書士:権利の登記、抵当権設定等
の登記をします。
建物を
建てる
とき

境界立ち会いや建築敷地に接する
道路についての諸手続のお手伝い
をします。
建築士:建物の設計等をします。
調査および測量の結果を基に建物
の表題登記を申請します。
司法書士:権利の登記、抵当権設定等
の登記をします。

こんな時は、土地家屋調査士にお任せ下さい

土地家屋調査士は、土地や建物に関する調査・測量の専門家ですので、土地や建物に関する相談事は真っ先にお近くの土地家屋調査士にご連絡ください。適切なアドバイスを得ることができます。

 

土地を売るとき

土地の境界杭が入っていなかったり、境界がわからないような場合は、不動産業者の仲介で土地を売ることができません。

土地家屋調査士は、あなたの貴重な財産を適正な状態で売買できるように、資料調査・境界立会を行って境界標を正しく埋設し境界確定図を作成します。

また、必要に応じて土地地積更正登記を行うことで実測面積が登記されます。

 

土地を買うとき

個人売買や競売により取得した土地は、必ずしも境界がはっきりしているとは限りません。土地の境界がわからないとトラブルに巻き込まれることがあります。土地家屋調査士は、あなたの大切な財産を守るため、境界標を正しく埋設し土地境界確定図を作成します。

 

建物を新築したとき

建物を建てた時は、新築後1ヵ月以内に「建物表題登記」の申請をしなければなりません。「建物表題登記」とは、建物の物理的な状況をはっきりさせるための登記で、所在、家屋番号、種類、構造、床面積、所有者の住所氏名を法務局に登記するものです。

 

一つの土地を幾つかに分けたいとき

土地の一部を売ったり、畑の一部を宅地にするような場合は、「分筆登記」が必要です。その場合は、元の土地全体の境界を立会確認し、分筆する位置に境界標を埋設し法務局に分筆登記の申請をします。登記完了後は地積測量図が法務局に永久保存されて誰でも閲覧することができます。

土地家屋調査士の仕事とくらべて紛らわしい資格

一般の方々から見て仕事の区別がつきにくい資格がありますのでその違いを紹介します。

 

測量士

外形上どちらも測量を行いますが、測量士は測量法に基づき基本測量や公共測量を行います。仕事を依頼するのは国や地方公共団体などの官公署であり、国土交通省国土地理院が所管しています。

土地家屋調査士は土地家屋調査士法に基づき、表示に関する登記手続を前提に1筆地測量を行います。仕事を依頼するのは個人、企業、官公署で、監督官庁は法務省です。

 

司法書士

どちらも不動産の登記に関わる仕事ですが、司法書士は土地建物の売買、相続、贈与または抵当権の設定登記など権利に関する登記を行います。

土地家屋調査士は、土地建物の表示に関する登記(物理的な状況をはっきりさせるための登記)を行います。

ご相談・お問い合せはこちら

新築登記、分筆測量、地目変更等の不動産(土地・建物)に関するご質問にお答えします。
また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお電話ください。

お客様相談室 はこちら